プロジェクト紹介

超小型衛星

趙孟佑教授

趙 孟佑 教授

放電実験衛星「鳳龍四号」が2016年2月17日にH2Aロケットにより打ち上げられました.「鳳龍四号」は九工大の宇宙工学国際コースを受講している18ヶ国 47名の学生やスタッフが設計・開発・製造を行った衛星です.世界初のミッション,放電の画像取得や放電時のオシロスコープでのデータ取得など,全部で9つのミッションを搭載しており,今後はそれぞれのミッションを行ってデータ解析等を進めていきます.


超小型衛星「鳳龍四号」イメージ図
超小型衛星「鳳龍四号」イメージ図
鳳龍四号フライトモデル
鳳龍四号フライトモデル
クリーンルームでの組立風景
クリーンルームでの組立風景
メインミッションの構成
メインミッションの構成
メインミッションの画像
メインミッションの画像
衛星開発プロジェクトメンバー(2015年度)
衛星開発プロジェクトメンバー(2015年度)